『いつか古い友達からの手紙のように』

迷子の君を忘れたことはない
軌道を外れ消えてしまった

席は空けてあるさ
あの時からずっと
だってこの場所は君のものだろ

涙の海
癒えない傷
潰えそう希望 嗚呼

もしもこの声がどこへでも届くなら
どうか 撃ち抜いてあの深い闇を
Yes Yes Yes

どこへだって行けた 何にだってなれた
火星にだって そう神様にだって

今は失意の底にいる人に
また微笑みが浮かぶ日が来ることを
祈っている願っている信じている

嘆きの砂漠
消えない苦痛
萎みそう勇気 嗚呼

もしもこの声がどこへでも届くなら
どうか 撃ち抜いてその深い闇を
Yes Yes Yes

いつか古い友達からの手紙のように
この声が

いつか古い友達からの手紙のように
届いて欲しい
Yes Yes Yes



『生きる理由』

僕のBluesを蹴飛ばしてくれた君が泣いている
僕を空へ運んでくれたその羽が傷ついている
僕の目を開かせてくれたその瞳に恐怖が浮かんでいる
池に投げた小石のように心が沈んでゆく

何もかもが変わってしまったのか
もう以前のようには笑えないのか
愛が通り過ぎてゆく音を聞いたのか
そうであって欲しいと思うものがそうではなかったと知ったのか

精霊達の嘆きの歌が聞こえる
涙のような雨が降っている

隠れる場所もなく
誠実でいる事が難しく
戸惑いは乱反射している
時々どこかへ逃げ出してしまいたいと考えている

燃え続ける怒りの炎
唾棄すべき彼奴の愚鈍さ
しかしそれらも己の鏡なのか

真の勇気を携えた者
たとえばそれは幼子の笑みを守るために人知れず日々格闘する者
輝かしき愛の栄光は彼等にこそ降りそそがれるにふさわしい

Glory Of Love

労働とその対価を受け取る日々も
昨日までみたいな明日も
もしかしたらもう来ないのかもしれない

君に伝え忘れてる事が
言い出せなかった事が
たくさんあるような気がする

家に帰りたくなかったあの夏
でも今は知っている
帰る家があったからそう思えたんだって

僕のBluesを蹴飛ばしてくれた君が泣いている
ねぇ君のBluesを僕にも背負わせておくれよ
君が泣き止むまで僕はどこにも行かないから

そう決めたんだ それこそが生きる理由

『涙のような雨が降っている』

きっと良くなっていく
青空にまた会える
そんな言い方って
クリシェに聞こえるかい?

涙のような雨が
降り続く季節
空が泣いている
誰が泣かせたの?

オレ達はそう
この星の愛を紡ぐ巡礼者だろう
病める者も
富める者も
名もなき者も

祈り続けよう
信じ続けよう
寄り添い続けよう
 
涙のような雨が降り続くなら
ひとりにはさせない

隠れる場所もなく
凍えているんだろう
何もかも失って
うつむいているんだろう

オレ達はもう
この星の愛に背く囚人じゃない
か弱き者も
羽ばたく者も
生まれ来る者も

祈り続けよう
寄り添い続けよう
信じ続けよう 
涙のような雨が降り続くなら
ひとりにはさせない

過ちを
いたらなさを
尊大さを
臆病さを
どうか許しておくれ

オレ達はそう
この星の愛を紡ぐ巡礼者だろう
猛き者も
敗れし者も
お前もオレも

DON'T GIVE UP
DON'T GIVE UP

祈り続けよう
寄り添い続けよう
信じ続けよう
歌い続けよう 

傷ついたレコードが鳴らす同じメロディ
それは終わりのない悲しみのよう
テレビの中の虚ろなヴィジョン
一瞥しただけで捨てられるフライヤーみたいな気分
今夜オレ達はどこへも行けない
いやオレ達は今夜どこへも行かない
残された夢をこの手につかみ取るんだ
夢が死んで消えてしまわないうちに

DON'T GIVE UP 
DON'T GIVE UP 

涙のような雨が降っている
涙のような雨が降っている

『Hey Sunshine』

Hey Sunshine
君は宇宙のギフト
その輝きがもたらすのは
愛と自由のスピリット

怖れも不安も
絶望も離別も
その微笑みの前に
ひれ伏す時がきっとくるだろう

そう
君がここにいるだけで
暗い影は去ってゆく

wooもう離さないで
wooもう離れないで
僕は君の周り回る惑星

Hey Sunshine
未来が汚されてる
怒りと憎しみの黒煙
あちこちにたなびいてる

英雄は去り
賢者が口をつぐんでも
もう一度新しい
夢を見たいんだ共に

そう
君がここにいるだけで
暗い影は去ってゆく

wooもう離さないで
wooもう離れないで 
僕は君の周り回る惑星

壊されたくはない
奪われたくはない
従わされたくはない
それは決して身勝手わがままじゃないはずさ

そう
君がここにいるだけで
暗い影は去ってゆく

wooもう離さないで
wooもう離れないで
僕は君の周り回る惑星

世界を照らしておくれよ
Hey Sunshine
あまねく照らしておくれよ Hey Sunshine

Hey Sunshine
Hey Sunshine

Copyright © 2017 Kuromizu Shinichi Trio. All rights reserved.
Photo by Y.Bang