『7Days微熱Blues』

7Days微熱Blues
オレは狂ってしまったのか
ダークサイドに堕ちてしまったのか
繰り返し見る浅い夢
そこは大恐慌時代
ゾンビ大量発生
天国行き最終列車に乗り損ね
街がドロドロに溶けてゆくのを為す術もなく見ている

メーデー、メーデー、メーデー!
永遠に繋がらない電話
Ballroomの扉 閉ざされたまま
出番を失ったERNIEBALL Super Slinky

いつの間にか錆びてしまった

約束は全部ご破算
キャンセルの銃弾爆撃
息をするのも恐る恐る
あの娘の甘い唇も隠されてしまった
スーパームーン 淋しそうに皆を待ってた

触れ合う事は禁断の行為
ヴァーチャルなCITY LIGHT眺めてる
コルトレーンが鳴っている
A Love Supreme

吊し上げ
断罪
ヒステリック
蜜の味
頭を撃ち抜いたGONZOジャーナリスト
彼に逢いたい
コスモポリタンを気取る余裕ももうない

請求書の束が心臓を切りつける
その城は薄い紙切れで出来てきていた
この船の底はデカい穴が空いていた

見てみろよ!あの情けない姿
雇用主に鞭で打たれ踊る奴隷
おい!アイツはオレじゃないか

蹴られてもじっと動かない老犬
おい!アイツはオレじゃないか

肝心な時に役立たずなHoochie Coochie Man
おい!アイツはオレじゃないか

高みの見物の名無しの男
おい!アイツはオレじゃないか

7Days微熱Blues

陰謀論に飲み込まれそう
犯人探しに取り憑かれてる
不安の海に溺れ藁に手を伸ばす

嗚呼
沈む沈む沈む
泣いても無駄

嗚呼
沈む沈む沈む
Slow Deathに祝福の鐘が重なる

ちきしょう
人生に悔いはない

けれど
あの冷血野郎共の
餌食にだけはなりたくない

7Days微熱Blues

卑小なオレが映ってるこの鏡
粉々に叩き割ってしまいたい
叩き割った鏡の向こう側で
お前と生き直したい
お前の感触が消えてしまうその前に
さよならのその前に











 

Copyright © 2017 Kuromizu Shinichi Trio. All rights reserved.
Photo by Y.Bang