『R.I.P. トム・ペティ』


66歳とは、、、

彼と彼のバンドからはたくさんの刺激を受けていた 彼の残した音楽は生き続けるけれど それでもやっぱりどうしようもなく 悲しい 淋しい とても とても とても

生きている僕の好きなミュージシャンの皆さん どうか身体に気をつけて 1曲でも多く プレイして下さいね

オレも もっと がんばる

トムさん色々ありがとう

心から哀悼の意を